« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

『 ビヨウヤナギ 』


               2・3日前から咲き始めたビヨウヤナギ。

               雨の中の様子も なかなかキレイだった。



                花びらにも、葉にも、おしべの先にも。
160630_163801                       ( ピンボケ… )

160630_163401

160630_163501                      ( ぼわ~~ん )

160630_173601


               葉に雨粒が付いたところを、ぼかしてみると…
160630_173701

                      いろんな大きさの。
160630_173801



               
160630_163802_2


             雨の中での 他の植物たちの様子も 見たくなった。

『 娘が 「カワイイ!」と叫んで 撮ったのは… 』

      首のあたりがキラキラした青緑色で、脚がサーモンピンクの鳩が2羽。

Image1
                        ( 画像が良くなくて 残念。)

             「 体の色が キレイ!   o(*^▽^*)o 」

             「 2羽の距離感が イイ! o(*^▽^*)o 」 

             …なのだそうだ。

             確かに。
             2羽がトコトコ歩いてる様子、可愛いかったなあ。

『 鶴岡公園をジョギング 』


               

         今日は、娘の迎えの時間までに 鶴岡公園の中をジョギング。


         少し走って行った所で目に入ったのは、堀の水面にできた模様。

P1050365

               こちらは、噴水の水が落ちた所。
P1050366       水の輪。 上から落ちてくる雨のような水。 水面に落ちて跳ねた水。



       堀のそばをずうっと走り、折り返してきて目に入ったのは、アジサイ。

             外側に開くガクになるつぼみが、いくつか見える。

             ガク?が 4枚のつぼみと5枚のつぼみがある。
P1050370

P1050371

P1050368

P1050369

P1050367



           また少し走ったところで、今度は カモの親子を見つけた。

           子ガモたちは、その辺に付いている藻みたいなのを

           さかんにつついていた。 食べてたのかな?

P1050372

          私の足音を聞こえたとみえて、向こうへ急いで泳ぎ出した。
P1050376_2

           「さあ、こっちなら大丈夫よ。」

 
           と母親が言ったのか、また母親から離れて泳ぎ出した子ガモたち。

P1050377



P1050378_2


        かわいいカモたちを もう少し眺めてから また走ろう…

        と思っていた時に、お呼びがかかった。



         あれ?!

         40分くらい走るつもりだっだけど、何分走ったっけ? (;´д`)トホホ…

『 切り取られた緑 』

 

        山を歩いている時のように 自分の周りにわ~っと広がっている緑は

       もちろん素晴らしいけど、

       切り取られた形の向こうに見える緑も、また いいなあ…と感じる。

       向こう側に緑の景色が広がっていることが想像できるからだろうか。



P1050343                    ( 宮城県弓道場にて )


160611_134701           ( 府屋と日本国を結ぶ道路の途中にあるトンネルにて )



           手前の暗い・黒っぽい色で切り取られているから、

           奥にある緑の景色に光があふれているように感じられる。


           
           

『 訪問者 』

 


                     車を自宅前の駐車スペースに入れようとしたら、

            そこにいたのは…

P1050356

               いったい、どこからやってきたのだろう?


              たまにキジが 庭を横切っていくのは見るけど、

              カモさんを見たのは初めてかも。


              こうして見てみると、

              カモの体の曲線、いいなあ…。

              チラッと見える羽の青い色も いいなあ…。

              あんな細い足で あの体を支えているなんてスゴイなあ…。

『 6/25 仙台からの帰り 』

 

         「天気が不安定な時の空は、まるで雲の博覧会」
     と 何かに書いてあった。

     今日の空も、そんな感じだった。

                大きい雲。          小さい雲。
                  白い雲。           灰色の雲。

            高い所に浮かぶ雲。        低い所を行く雲。
            薄くてサ~ッとした雲。   厚い雲やモクモクした雲。
     
       
                助手席から、ぼ~っと空を眺めていた。


160625_142901


160625_143001


160625_143002


160625_143003



160625_143401

『 栗の花 』


                今年も あの強烈な匂いを漂わせる栗の花が咲いた。

     「 あの細長い花から、どんなふうに栗の実がなっていくんだろう…?」

     と不思議に思っていたけれど、じっくり観察したことはなかった。


     「あの白くて細長いのは雄花で、雌花は雄花の付け根あたりにあるんだよ」

     と誰かから聞いたので、

     先日、職場の敷地内にある栗の木をよ~く見てみたら…


    

P1050194


                  あった~!  ヽ(´▽`)/


                 1センチにも満たない小さな花。

               でも、ちゃんと「イガ」らしきものがある!


P1050322


         これから どんなふうに変化していくのか、見てみよう! o(*^▽^*)o

『 久しぶりの金峰登山 』


         22日。 久しぶりの金峰登山は、少年自然の家の方からスタート。

P1050199



P1050207

P1050210

P1050221

P1050226

P1050277

             木々の間をぬけてくる風が 心地よかった。

P1050265_2


                八景台から。  母狩山の山頂は雲の中。

P1050254


             鶴岡の市街地の方は…。  霞んでる。

P1050253

                  下山は『勘左衛門コース』を。

           いつもと違うコースを通っての金峰登山。

           新鮮な気分で登れて おもしろかった!   ヽ(´▽`)/

『 金峰山周辺 散策 』

   


                   やさしい木漏れ日が差し込む中、金峰自然の家周辺を散策。

P1050161


P1050152_2

                      ドングリの小さな芽。

P1050148_2

                キレイに渦巻き状になったシダの葉。

P1050164_2


P1050166

P1050167


                      ここにも 栗の花。

P1050172




P1050173


P1050178


P1050179


P1050185


P1050182


P1050187

P1050188


P1050176


P1050174

                  春の花がたくさん咲く時期を過ぎ、

                緑の葉が 少しずつ濃くなってきていた。

『 鳥海山…今年も登りたい! 』

 

           昨年 登山のベテランの方たちと知り合い、
            最初に連れて行っていただいたのが、鳥海山。
    

          5時半に湯ノ台口を出発し、七高山頂までを往復してきた。

150809_055201


      ズンズン歩き続け、ドンドン登り続けていたけれど、ふと後ろを振り返ってみた。
  
      この景色を見て、いつの間にか かなり標高を上げていたことに驚いた。 

      雲があんな所に浮かんでいる…と。


             雲の切れ目からは、かすかに月山がのぞいていた。       

  

150809_061201



150809_061202




            花を撮ろうとしゃがんだら、

            花や草の向こうに雲が見え、その向こうに海が見えた。

            普段は見ることのない、何とも不思議な景色。

150809_073601




150809_081101

       高山植物たちの、控えめで凛とした雰囲気や可愛らしさに惹かれた。

150809_084101
 

            自分よりずっと下の方に山があり 雲が浮かんでいた。         

150809_075001_3


                    雲をすくえそうな気がした。

150809_082701



          内陸の方をみると、見事な雲海が広がっていた。

          向こうの斜面には 小さく登山者の姿が。

150809_075002_2




      静けさの中、

      「この空のもっと上には宇宙が広がっているんだ…」と感じた風景。

150809_082101



           まずは七高山まで登頂。
       
           新山まで行くかと訊ねられたけど、

           新山の方には、山頂で記念撮影をする人の順番待ちの列が

           長~く続いているのが見えたので、今回は行かずに下山することに。
  150809_081801



                  10時半に 湯ノ台口に下山。

     
                 今年は、新山まで行ってみたいなあ。

『 夕方の空 』


        昨夜は、激しい頭痛がして 目が覚めた。

        外では ものすごい雷の音が響いていた。

        私は、気圧が大きく変化する時や低気圧が接近しているときなどに

        頭痛におそわれることがある。

        今朝は、頭痛に吐き気も加わり、やむをえず鎮痛剤を飲んで出勤。

        天気が不安定になりやすいこの時期、頭痛もおきやすくなるけど、

        うまく自分の体と付き合っていきたいな。



        夕方、西の空には、太陽からの光の筋が 真っ直ぐにのびていた。 

P1050132

P1050133


P1050134


P1050138


P1050139

『 今日の庭より  』

                              あっ!!  ギボウシのつぼみだ~!
                やったあ~! ヽ(´▽`)/

P1050111

            実家から株分けしてもらって植えたのは、数年前。
            毎年楽しみにしていたけど つぼみが一つも出ずに数年が経った。

            数日前見たときには 葉だけだったので、
            「今年もやっぱり花は咲かないのかなあ…」と思っていたところだった。


            うれしくて うれしくて、そばを通るたびに
            「わ~い! わ~い!」と言いながら 触れたりして。

P1050112




        こちらは…

        シランの葉の間からたくさん顔を出しているドクダミ。 
        今年のドクダミが 何だか可愛らしく見えるのは、気のせいだろうか?

P1050114





              いつの間にか、ナツツバキの花が こんなに。
              たった一日だけ咲いて落ちてしまうというナツツバキ。
              悲しい感じがするけれど、
              白い花がいくつも落ちている様子は、これはこれで いいかも。

P1050115


               この花も、明日には落ちているのかな。
               きれいに咲いてくれて ありがとう。
P1050117






               タイルの縦横の線と、ラティスの斜めの影。

P1050125

『 6/18 月山 ~花と雲と風と~ 』

 

       昨年8月初め、 「25年ぶりくらいかも!」という母と月山に登った。
      その時 母が、
      「来年は月山にクロユリを観に来たい」
      と言っていたので、この夏はクロユリが咲くき時期に登ることに。

      母と登る前に一度登ってみようと思い、月山に関する情報を検索していたら、
      「例年より早く、17(金)10:00に 羽黒~8合目の通行止めを解除」
      という記事が目に飛び込んできた。
      「予定のない17(土)にさっそく行ってみよう!」

     
      でも、月山の予報では登山指数Cランク。ガスがかかって風も強いらしい。
      迷って一度は止めようと思ったけど、まずは行ってみることにした。

      
      ぼ~っと考え事をしていて曲がるべきところを直進し、庄内町まで行ってしまう
      アクシデント?があったものの…
      引き返して この案内表示まで来た。     

P1040949

                     さあ、行くよ~!
P1040953



            道路脇の草は 刈り取られたばかり、といった感じ。
            解除を早めた分、急ピッチで準備を進めたのかな。

P1040954

             道路の両側に、タニウツギが たくさん咲いていた。

P1040955
             
     急カーブのクネクネ道を上り、標高が上がるにつれ、遠くの景色が見えてきた。

P1040956

 



     9時半過ぎ、8合目駐車場に到着。
     このガスの中 レストハウス下の駐車場に車がビッシリ停まっていてビックリ。

P1040957_2

     トイレへ寄って行こうと思ったら点検・準備中だったので、しかたなく登山口へ。

     「ガスと風。 この天気で、一人で登るのはどうだろうか・・・」
     と不安な気持ちだったけど、とりあえず行けるところまで行ってみようと
     歩き始めた。 9:46


P1040959


              歩き出してすぐ目に入ったハクサンチドリ。              

P1040958_2


P1040960


P1040961


       コバイケイソウ。
      一つ一つの小さな花はキレイだけど、 花全体の形は、なんか不思議。    

P1040962


           ガスがかかって 幻想的な?雰囲気。
           かなり涼しい。        

P1040963_2


      少し歩くと、向こうから歩いてきた人がいた。山菜取りをしてきたのだという。
      なるほど。 駐車場の車の中には、山菜取りに来た人の車も多いのか。


P1040965_2


P1040966

P1040967



P1040968_2


P1040973



P1040972



P1040976_2



P1040978


P1040979


P1040980



P1040981


               イワカガミも あちらこちらに咲いていた。

P1040984



P1040985_2



          白いスミレ。   
          日本には50種類以上のスミレがあるそうだけど、
          このスミレは、なんていうスミレかな?

P1040986



P1040987_2


P1040988


             ナナカマドも、ここでは今咲いてるんだ…。

P1040989




P1040991



P1040992



      20~30分ほど歩いた頃だったか、前の方から人の声が。        
      追いついたので挨拶し、訊いてみたら、これから山頂を目指すとのこと。
      この天気の中 同じように登る人がいてホッとした。
      自分一人ではキビシイかな…と、途中下山も選択肢の一つにしていたから。

      ちょっと話してるうちに、意気投合!?
      ご一緒させていただくことにした。

      仙台からいらしたというお二人、AさんとIさん。
      60代になったばかりだというAさんは「沖縄から仙台に お嫁に来たのよ~」
      という方。昨年10月から山登りを始めたとのこと。
      Iさんは、「仕事で湯野浜温泉や温海温泉に来たことがある」とのことで、
      日本各地の高い山を登っているベテランの方らしい。
      先週は 10人ほどのグループのリーダーとして鳥海山に行ってきたとか。

      ガス、風、そして これから現れるであろう雪渓…。
      お二人と一緒に登らせていただけることになってラッキーだ。



P1040993



P1040995_2


        風の通り道になっているような所では、強い風が吹いていた。

P1040996_2




P1040997_2



P1040998


P1040999


         

          一人の若い男性が下ってきた。
          頂上まで行ってきたというその人の靴先には、雪がついていた。。
          「よし! 頂上まで行けるんだ!」と、元気が出てきた。
    
        

          出ました、雪~!
          こんなふうに、石にピンクのビニールテープを巻いたものが、
          目印として置かれていた。

P1050002



P1050003


     
              ここからは、ロープを頼りに。
             
            雪とガスの真っ白な世界。
            目印やガイドロープが無かったら、迷っちゃうだろうな。

P1050004


                  わ~、ロックガーデンだ~!
P1050005_2


           石の色と葉の緑の中の濃いピンク。 スゴイ存在感。
           ミヤマシオガマ…かな?

P1050006



P1050009



P1050010_2




P1050011



               アオノツガザクラ。 かわいい。

P1050012


P1050013



P1050014


P1050015

              仏生池。 まだ小屋は開いてなかった。

P1050016_2



     
              「黄色いカエルだ~!」
              とのAさんの声に 見てみると…

P1050018




P1050019




          「頂上は もっと風が強くて、ゆっくりゴハンなんか食べられないよ」
          との I さんの言葉に、 風を避けて休める所を探し、昼食休憩。

          お二人は、コンロ持参。
          「冷麺を持って来たんだけど、笹谷峠を越えたら 意外に気温が
           低かったから、途中でラーメンを買ってきた。」
          と言うIさんは、山でラーメンを作って食べるのが好きとのこと。
          ラーメンをゆで、キムチとゆでたまごをトッピングして 私にも
          おすそ分けして下さった。

          キムチとあったかいラーメンで、体が温まった。
          ごちそうさまでした!
         ( 私は、ラーメンをいただく前に 大好きな豆大福も食べた。)



P1050022



P1050023



P1050024



P1050025_2




P1050026_2




            「 ウスユキソウ、初めてみたわ~!」
            と、Aさん大喜び。

P1050027



         途中 何ヵ所か、歩くのが大変なほど強い横風が吹くところがあり、
         よろけたり、立ちどまったり、しゃがんだりも。

P1050028



P1050029




P1050030


  
               頂上付近に到着。
               少し小高い所に上がって見たら、三角点あり。

P1050031



P1050035_2



                  神社の方まで、もう少し歩く。
P1050036



P1050037_2



       神社付近には 予想以上に登山客がいてビックリ。
       向こう側からリフトに乗ってきた人が多かったのかなあ。
       リフトに乗った人が、「ガスで何も見えないし 風で寒かった」
       と話していたそう。

       建物のかげで、昼食をとっているひとがたくさんいた。

       Iさんが、その辺にいた方にクロユリにつぃて訊ねたところ、
       「たった一つ咲いていた」
       との情報をゲット。

       さっそく探しに行った。
       

P1050038_2



             あった~! 初めて見るクロユリだ~!
             つぼみもあるから、これからもっと咲くんだ…。

             月山のクロユリは、「ミヤマクロユリ」というらしい。

P1050040
P1050041


P1050042


P1050043_2

                   ハクサンイチゲのお花畑!

P1050044_3
        さっそく、母に クロユリとお花畑の写真をメールで送った。
P1050044


              Aさん、黄色いスミレも初めてだと大喜び。

P1050045

          

         登山道から少し上がった 大きな石がゴロゴロしてる所で、
         「ここを 今日の頂上としよう!」
         と I さん。

         「 景色が見えないのは残念だけど、私の心の中には
           遠くの景色がイメージできてるわ!」
          と Aさん。 

P1050046



         ここで、すでに13時半。
         「ゆっくり登り過ぎだ~。
         下りは、お喋りしないで どんどん歩いて 3時半には着くぞ!」
         と I さん。

         しまった! 私が あちこちで立ち止まって写真を撮るのに
         付き合って下さったからだ…。
         スミマセン!

         …と思いつつ、やっぱり撮りたい。
        「 立ちどまって写真を撮っては、急いで歩いて二人に追いつく」
        を繰り返しながら下山。


           シラネアオイ。
           風が強い場所だからか、背丈が低い。

P1050049



           登山道わきの斜面に、アオノツガザクラが群生。    

P1050051




P1050052




            少し先まで見渡せるようになってきた。
            予報では、午後から晴れ。 雲がはれないかな~。

P1050055_2




P1050056


P1050057



                月山のシャクナゲは、まだつぼみ。

P1050058



P1050059



            仏生池まで来た。
            I さんが、クロユリ発見。
            登りの時は草のかげになってて気づかなかった。

P1050061

      
        こんなふうに、
        登りの時には目に入らなかったものが、下りでは目に入ったりする。


                       これもそう!

P1050064


      「カエルの卵だ~!」
      と I さんが言ってたこの物体。 いったい何のカエルの卵だろう?


P1050063





                時折 雲の隙間から青空が見えるようになってきた。  

P1050074_2



                              そして、まわりの景色も。

P1050066_2


       西からの強い風に流されて、ものすごい速さで雲が山を渡っていく。

P1050067_2




P1050070




P1050071




P1050072




P1050073_2



P1050075




P1050076




                   雪解けの水が、登山道の石の間をを流れていく。

P1050077





                      ふり返って見る。

P1050079



          これから上に行くというアメリカ人のカップルとすれ違った。
          二人とも半袖半ズボンに近い服装だったけど、大丈夫かなあ。
          

          トレランシューズを履き、タブレットを小脇に抱えて
          ズンズン登っていく男性ともすれ違った。


P1050080




         「ハクサンチドリって、いろんなのがあるのよ~」
         と、Aさんが教えてくださった。

                     斑入りの葉のもの。

P1050081

                   薄いピンク色の花のもの。

P1050082





          遠くに雲が連なって見えるのは、
          あの下に山々が連なってるということだろうか。
         

P1050083




P1050084





             「 6枚の葉になってるのには花が咲くけど、
               4枚の葉のには咲かないのよ。」
              と、またAさんが教えてくださった。

               そう言われれば・・・ホントにそうだ。

P1050085

P1050086






P1050087





P1050088




                    パノラマ撮影に挑戦。

P1050089





          お二人は もう あんなところまで行っちゃったけど…

P1050090

               目に飛び込んできたサクラを撮りたい!

P1050091
P1050092





                  8合目が もうすぐだ~。

P1050093



                小さなミズバショウが たくさん。

P1050094




P1050095





                 水面に青空が映って、きれい!

P1050096




        向こうの 目線の高さの所を フワフワ雲が移動していて、
       なんとも不思議な感じ。

P1050097




             反対の南西側?の山々も、見えてきた。

P1050098


                      ふり返って見る。
P1050099




P1050100






P1050101




              ニッコウキスゲ。
              登るときは、ガスがかかって見えなかった。

P1050102



         ここを下りたら駐車場…という所で、
         ひなたぼっこしていたヘビちゃん2匹と遭遇。
         私たちが近づいたら、慌てて草むらの方へ行ってしまった。

P1050103




              15時半、8合目駐車場に無事下山。

            雲がはれて、遠くの景色がだいぶ見えてきた。

P1050105_2              



P1050106




         遠くにうっすら見えるダムは、『八久和ダム』というダムのよう。

P1050107



                  ちょっと 雲海見たい?

P1050108




P1050109





     楽しかった今日の月山登山。
     今日の天気の中を山頂まで行ってこれたのは、I さんとAさんのおかげ!
     本当に感謝! ありがとうございました!

     …お互いに 8合目に来るまでの道でロスタイムがあり、普通に来ていたら
     出会わなかっただろうこと、
     …一緒にならなかったら、それぞれ頂上まで行かずに引き返していたかも
     しれないこと、
     など話し、今日の出逢いに感謝しつつ、またどこかの山で会えるといいね…と
     いいながら、握手をしてお別れした。


     連絡先をお聞きすればよかったなあ…。
     そうすれば、どこかの山で またご一緒できたかもしれないのになあ…。
     …などと、ちょっと後悔しながら、クネクネ道を下りてきた。
 

    

             途中の待避所で、今日の最後の1枚。パチリ。
P1050110




『 羽黒石段 登り 』



             今日は、仕事で 羽黒山の石段を登った。

       朝 けっこう雨が降ったので どうなるかと心配したけれど、

       随神門に着いた頃には ほぼ雨は上がり、時折 日が差すようになった。

P1040919_2






             雨上がりの植物たちは、みんなイキイキしていた。

P1040921


                       これは、何だろう?

P1040923




P1040922_2


        もしかしたら…

        羽黒山に来たのは、1月末以来ではないだろうか。

        「 そのうちまた 一人でゆっくり登ろう。」と思いながら山頂に着いた。

『 イチョウの葉 』

            昨日、小真木原公園を走りに行ったときのこと。



                      いつも走ってる芝生の広場の 少し向こう側へ行ってみたら、

           イチョウの木の下に、黄緑色の葉っぱみたいなのが見えた。

P1040917


                      近づいて見てみたら…


             地面から数センチの、小さなイチョウの葉だった。
P1040912

         銀杏の実から根や芽が出て、こんなふうに出てきたということか…。


                    中には、まだ こんなのも。
P1040914

            こんなに小さいのが成長して、イチョウの木になるんだ…。



            こんなに大きくなるには、何年くらいかかるんだろう。
P1040918

『 加茂水族館にて 』

 


    青空が広がり、アシカショーのプールの水が 太陽の光で キラキラしていた。

P1040879_2


P1040881
              止まることなく、常に動き続けている水。

P1040880_2



                     ゆらゆら…フワフワ…

P1040871

P1040872

P1040892


P1040873


P1040888_2

                  ずっと見ていても 飽きない。

P1040887


P1040886               


        クラゲは、別に人間のことを考えて泳いでるわけじゃないんだよな~。

       

           
    
       

『 スギナ 』

             朝。 玄関を出てすぐに目に入ったのは・・・スギナ。

             スギナの葉の先に、カワイイ水滴。 朝露かな?                           

160611_080001


                 …と思ったけど、朝露とは違うみたい。

                 葉の先から水滴が出ているのでは?

160611_080201

                   うわ~! こんなに たくさん!

160611_080301


          

      今まで 「スギナ=畑や庭に生えてくると困るもの」…というイメージが
      強かったけど、

      この水滴が付いた様子を見たら、何だか可愛らしい植物に思えてきた。

『 待ち時間 』

                 昨日。 山形市総合スポーツセンターにて。

                 娘たちが出てくるまでの待ち時間に。


P1040840




P1040855

P1040857

P1040856



            

          ベンチに寝転がって しばらくのんびり。

          やさしい風が吹き、ケヤキの葉がサラサラ音を立てていた。




P1040841

P1040842

P1040843




                          ベンチに寝ころんだまま、左を向いて パチリ。             
P1040850
                      上を向いて パチリ。
P1040851_3
                      右を向いて パチリ。
P1040852




                      空中を歩く私…?!
P1040854

『 夕方の空 』



          向こう側から山を越えて流れ込んできたみたいな雲。

P1040860



                     いろんな灰色がある。

P1040861



           西の空に、光が見える。 明日は青空が見えるだろうか。

P1040865

『 6/12 山寺へ 』

                いい天気!

        今日は、娘たちを山形市総合スポーツセンターに送った後、
        山寺へ行くことになった。

        前々から行ってみたいと思っていながら、行ったことがなかった山寺。
        ワクワクしながら向かった。
        
P1040724

         山寺に着いてみると、
         日曜日とあって、午前中の早い時間から観光客がいっぱいいた。



                    駐車場に車を停め、出発。

P1040726


P1040728


P1040729_2




P1040730



P1040731_2

                                       まずは、厠(かわや)に…。
P1040733_2


P1040734_2


P1040735


P1040737



P1040738
P1040739
P1040740



P1040741



P1040742



P1040743



P1040745


P1040746


P1040748


P1040749


P1040750


P1040752


P1040753



P1040754



P1040755



P1040756



P1040757



P1040758
P1040760

P1040759



P1040763



P1040765



P1040766
P1040767



P1040768



P1040771
P1040770
P1040772
P1040773



P1040774



P1040776



P1040778_2



P1040780



P1040781



P1040782




P1040783



P1040784



P1040786



P1040787



                おお! 向こう側の大きな岩の途中に…
P1040789
P1040790
P1040791



P1040793



P1040794


P1040795



P1040796


                        興味津々!
P1040797
                      奥の方を見てみたい!
P1040798


P1040799


                 木が、大きな石に座ってるみたい。
P1040800_2                   座っていたのは…こんな木。
P1040801



P1040802


P1040803


P1040805



P1040806



P1040807



P1040808



P1040809



P1040810_2



P1040811_2



P1040812



P1040813


            途中まで下りてきたところから、『下山道』の標示の方へ。
P1040814



P1040815



P1040816



P1040817_2



P1040818_2



P1040819


P1040820



P1040822



P1040823



P1040824



P1040825


P1040826_2



P1040827


               下りてきた~。   『出口』から出る。
P1040828



                     これは、何の実?
P1040830



                すてきな色の葉や実。 何の木だろう?

P1040832_2
P1040831
                     こんなふうに立っていた。
P1040833


P1040834_2

                 駐車場に戻る途中、ふり返って見た。

                 あんなに高い所に、建物が…。
P1040835_2

P1040836


         山寺。  岩と、石と、木と、緑と、光と、影と、凛とした雰囲気と…。
         「立体的(?)で不思議な空間が広がっている」と感じた。

          また訪れるときには、静けさの中を ゆっくり歩きたいな。




     …と ここで、
     途中から どんどん行ってしまった旦那から、
     「しばらく待ってたけど なかなか来なかったから、先に下りてきた。
      駐車場前の店にいる。」
     と電話あり。 ピピーンと来たぞ~。
    


                           私も!
P1040839



     

          
    

 

『 6/11 日本国へ GO!GO!GO! ~登り~ 』

 

             先週 新保岳に行った帰りに、『日本国』の案内表示が目に入り、
      「次は 『日本国』へ登ってみようかな」と思っていた。



                   さっそく今日、登ることに。

P1040421

P1040423

P1040425

P1040426

P1040428

P1040429

P1040431

        トンネルをぬけると、別の世界?空間?に行くような感じがする。


P1040433_2


              『県境』っていう案内標識があるんだ…。

P1040435
                      また トンネル。
P1040436

P1040438

P1040440

           ようやく 目指す『日本国』のある地域にきたみたい。
P1040441

P1040442

P1040443


P1040445                      中に入ってみた
            
                     登山者ノートに記入。
P1040444
     
              道路を渡った反対側にあるコース案内。
              今日は、この図のコースを時計回りで歩く。
P1040446
              
                    登山口は、こんな感じ。
P1040447

                     10時頃、スタート。
P1040449

P1040450

P1040451
                          上へ。
P1040452

P1040453

P1040456
                       スゴイ杉林。
P1040458

P1040459

P1040460

                    抹茶バームクーヘン。
P1040461


P1040462

P1040463

                      足元に、水が。
P1040464
                 ここが 『ラジウム湧水』かな。
P1040473_2
          飲んでみたら、甘く感じられた。冷たくて美味しい水だった。   
P1040469

P1040471_2
P1040475_2


                   ちょっと振り返ってみる。
P1040476

              杉林から、明るい雑木林に変わってきた。
P1040477_2

P1040479

P1040481

P1040482
          葉はショウジョウバカマみたいだけど、何の花のだろう?
P1040483

P1040485

P1040486

P1040487

P1040488

                           P1040489


P1040491

P1040492

                あれが『日本国』の頂上だろうか?
P1040493

P1040494

               アリさん、ごめん。 上を通らせてもらうよ。
P1040498

P1040500
                     右から来て、左上へ。
P1040501

P1040502

P1040503_2

P1040506

P1040507

P1040508

P1040512

P1040514

P1040515


P1040516

            地面に這うようなツバキの葉が たくさんあった。
P1040517

P1040518

P1040522


P1040524

                      P1040526



P1040528

                    ここは、松ヶ峰広場かな。
P1040529

                    広場の向こうへ進む。
P1040530

P1040531


P1040533

P1040534_2

P1040535      
                     数、形…いろいろ。       

P1040536

P1040537

P1040538
 
                    ブナの若い木の林。
P1040540

P1040543
                    右奥から来て、左上へ。
P1040545

                       下ったり…
P1040546

                       登ったり…
P1040547

P1040549


                   ここをずうっと行ったら…
P1040550

             何だか見晴らしの良さそうな所に来たのかな?
P1040552                      沖見休憩所だった。


              霞んでるけど、粟島が見えた。 府屋も。
P1040551


           しばし景色を眺めたら、再び出発。 少し下り。
P1040556

P1040557


P1040558
                  アカマツを見上げてみた。
P1040559

                       また登って…
P1040562_2
                        下って…
P1040563

P1040565

                 少し道が狭くなってる所があったり…
P1040567

                  根っこだらけの所があったり…
P1040571                       ここを登ると…



P1040573
                   うわ~い! ヽ(´▽`)/

P1040574_3

               遠くに見えているのは、朝日連峰?
P1040572


                見晴らしの良かった所を振り返る。
P1040577

P1040578

P1040579

                 山頂が さっきより近くに見える。 
P1040580

P1040581

P1040582

P1040583

                     ここを登ると…
P1040584

                    立派な東屋だなあ。
P1040586


P1040588
                      山、山、山…。
P1040589


                    奥の道から登ってきた。
P1040590

P1040592


            お! 県境に来た!
            右半身は新潟県、左半身は山形県にいるぞ!
P1040595

                県境から少し進むと、『鷹待場』にきた。
P1040596
P1040597

               『鷹待場』を過ぎると、一旦下って…
P1040598

P1040600
                     下って、下って…
P1040603
                  今度は、登って、登って…
P1040606_2


P1040607

P1040610

P1040612
P1040616


P1040617


P1040621

P1040622

P1040626



                      ここを登ったら・・・・
P1040627

                        着いた~!
160611_120301

                  
P1040628



       海の方から 爽やかで心地よい風が吹き、木漏れ日がユラユラ揺れ、
       木の葉がサワサワ歌う中を、 のんびり1時間半歩いて…
       『日本国』山頂に到着!


























『 6/11 日本国へ GO!GO!GO! ~頂上・下り~ 』

 


        555m。なんと覚えやすい数字。 「GO!GO!GO!」だよ。

P1040637_2

                     立派な見晴台があった。

P1040630

P1040629


           見晴台の柵に 地図があったけど、見づらくなってて残念。
P1040632_2
             地図と見比べてみたものの・・・よくわからない・・・
P1040633



P1040631_3
P1040634

P1040635

P1040640


         休憩用小屋もあったけど、男性が一人いて 入りづらかったので、

         外から眺めた。

P1040650

P1040643


                 北側に ワラビが たくさん生えていた。
P1040641_2

                      サクラの実かな?
P1040636

                    これは、何の花だろう?
P1040647

                     オシャレな模様だなあ。
P1040645

              
               天気の良い休日。
               私を含め、頂上には10人ほどの人がいた。

P1040639_2



         見晴台で一緒になった方から、
         「私の前を歩いてきた方から頂いたけど、お腹がいっぱいなので どうぞ。」
         と おにぎりを1個いただいた。
    
         ありがたく頂くことにし、景色を眺めながら食べた。


                  30分ほど頂上で過ごし、下山開始。
P1040651

P1040652

                      小動物のフンかな?
P1040653


P1040654

            蛇逃 から、今度は 蔵王堂口を目指して下山する。
            東屋の向こう側に下りていく。

P1040657

P1040656

P1040658

               けっこう急で クネクネ曲がりながら行く道。
               右上から 左下へ。
P1040659


                       右に急カーブ。
P1040660

P1040661

P1040662

P1040663

                   ブナの実が たくさん。

P1040664

                      クネクネ下る。

P1040666

                         クネクネ…
P1040668

                    もっともっと クネクネ…

P1040669

                  キュキュッと右にカーブ!

P1040670

P1040671

P1040672

P1040673

                     ここは、キュキュッと左へ。

P1040674

P1040675

P1040676

P1040678

P1040679

                       まだまだ下る…

P1040680

P1040681

P1040682

P1040683


P1040684

                 しばらく下ったら、杉林になった。

P1040685_2

P1040687


                       右に曲がって…
P1040689
                    今度は 左に曲がって…
P1040690

P1040691

                道側に傾いた木の下を通って…
P1040692

P1040693

P1040694

P1040695_2

            道の脇に ツバキがたくさん生えてる所も通って…

P1040697


                 『アカイタヤ』…というカエデかあ。

P1040698
                     見上げてみると・・・
P1040699


P1040700


                       アリの大行列。

P1040702


                   ここは、ゆっくり走っちゃえ。

P1040704

P1040705_2

                     ここも もちろん走る!   

P1040706_2

              イワウチワのツヤツヤした葉が たくさん!
              春先には 見事に群生して咲いてたんだろうな。

P1040707

               突然 目の前に現れた オレンジ色のキノコ。
               その辺に たくさん出ていた。

P1040710


P1040711


                さっきまでいた頂上が、あんなところに…。

P1040712

P1040713
                 杉林の中の道を どんどん下る。

P1040714

                    蔵王堂。(右奥から下りてきた)

160611_130203

160611_130202


160611_130301


160611_130401

160611_130501


                    
160611_130502


                                           あれは、もしかして…
160611_130602

                     蔵王堂登山口に到着。

160611_130701

160611_130702


           ここから 車を置いた小俣登山口の方まで、車道を進む。
160611_131001

160611_131301


      ここからしばらく、
      歴史を感じさせる『小俣宿』の家並みを眺め、
      建物の落ち着いた佇まいや 庭先の植栽を含めたしっとりとした雰囲気を
      楽しみながら歩いた。

160611_131402

                 ここで、お土産に『清酒 日本国』を買った!

160611_132301



160611_132401_2

160611_132501


            到着~!
            あちこちで立ち止まって、 下りも1時間半くらいかかった。
160611_132601

      ここを覗いたら、中で休んでいた方々から「休んでいけ~」と言われ、
      ちょっとおじゃました。
      新潟市から来たという3人グループと 少しhお喋り。
     「一切れ残ってるの、食べて。」とリンゴをいただいた。ごちそうさまでした。
160611_133002


               
160611_135401
            『日本国』登山。
            あっという間だった気がするけど、面白い山歩きだった。

『 鶴岡公園でジョギング。 』



             夕方。
        今日は 娘の迎えの前に鶴岡公園をジョギングしよう!
        と思いながら出発。


              田んぼの稲が 少しずつ伸びてきたなあ。

P1040380_2




                   車を置いて 鶴岡公園へ。



                    お!  ハクチョウさんだ!

P1040381


               うわ~! こっちに来た~。
               やさしい目。 頭から首にかけてのラインがきれい。

P1040382

                  ぴょこんと見えた足がカワイイ。

P1040383

P1040384

                 鳴きながら 向こうへ行ってしまった。

P1040385


P1040386


        大きなイチョウの木があった。
        イチョウというと 枝が上に向かって伸びているイメージがあったけど、
        このイチョウの枝は こんなふうに…。

P1040387_2


         イチョウの近くに、これまた大きな木が。  これは もしかして…
         メタセコイアではないか!

P1040392

P1040393



P1040395



                      こっちへ行ってみよう。


                ほんのり シロツメクサの匂いがする。

P1040396


          すりガラスに映った影がイイ感じ。美術館の中みたいな雰囲気。
                      でも実は…公衆トイレ。

P1040402



P1040403



             芝生に横たわって くつろいでるみたいな桜の木。
             でも、根っこで こんな幹を支えるのは大変だ~。
             …と思ったら、やっぱり支えがしてあった。

P1040404



       そういえば…
       中学生の時、鶴岡公園にスケッチにきたことがある。
       学校から道具持参で徒歩で来て、半日がかりで絵を1枚完成させる…
       という日があったのだ。
       自分がどの辺りで描いたのか忘れたけど、
       太くて捻りの入ったサクラの幹を3本くらい、ど~んと描いたような…。

P1040405


                『菖蒲池』の中の散策用の木道を歩いた。

P1040406

P1040407


P1040408



                そろそろ 娘が来る頃。 車に戻ろう。

P1040410
           …と歩き始めたら、娘から「今から、チャリで帰る」のメール。

           そうだった!
           今日は迎えではなく、チャリで帰るんだった…。(;;;´Д`)
  
  

                気抜けしつつ車に戻り、家路につく。

P1040411


                   家の近くでの見た西の空。

P1040412

            雲が無くて、きれいなグラデーションをなしている。

P1040414


               ただいま~。

               車をおりて空を見上げたら、月が。

P1040415



                       明日も晴れそう。

『 昼過ぎから雨 』



                  モミジの葉、とてもイキイキして見える。            
P1040373

 

                       並んでる~。
P1040355


                     クモの糸にも 雨粒が。
P1040375


                   緑の中に、白と赤が効いてる。
P1040371

               いろんな大きさの水滴が あちらこちらに。
P1040377


                  キョウガノコ…だったかなあ。
P1040370


      

             雨が降った時の植物たちは、みんなイキイキ。

             だから、外に出て 草木を見たくなる。

『 ミノムシ 』



                   何気なく目に入ったミノムシ。

 
                  このミノの材料は…?


P1040343


                 よく見たら、 何かの花のおしべみたい。

 

           小さな丸い飾りが付いてるみたいで、かわいらしいミノだなあ。

『 6/ 7 夕方 小真木原公園へ 』

 


            境目がハッキリしたこういう雲は、前線が近づいてるときの雲だったかな?

160607_180701_3


160607_182101_3



         今日は、薄暗くなり始めた小真木原公園で、のんびりジョギング。



            木がずうっと並んで立っている様子を見るの、好きだなあ。

160607_183601

           木が並んでる向こうに オシャレなカフェの明かりが…
           じゃなく、あれはトイレ。

160607_185001

 


               巨大なタコの脚に見えた。 動き出しそう。

160607_184301_2

 


                    まる・まる・まる・まる…

160607_184501
                      まる・まる・まる・まる…

160607_184601


            草木の緑や木の幹の色の中に、はっきりした黄色。

160607_185701


               なぜか気になった テーブルの脚。

160607_190901



         こうして今日も、「走っては突然立ち止まる…」の繰り返し。 (^-^;

『 シルエット  』


            光が当たって いろんな色を反射しているのもいいけど、

            シルエットになって浮かび上がってるのもいいな。




     夕方の空。 電柱や電線、標識のシルエットがあると、引き締まった感じがする。

  160602_184101_2   




160602_190301



160602_194401_2




                             池の水に映った木のシルエット。

160602_191301




160602_191101


160602_191201




                 ヤマボウシの葉やガクが透けて…。

160527_181902




160527_181701



160527_182601



                明るい時とは違う雰囲気が写るから、

                薄暗くなってから写真を撮るのも オモシロイ。

『 夕方の空  』

 


                   朝から一日どんより曇っていた今日。

                夕方になって ようやく太陽の光が…

P1040321

P1040326_2

P1040327


P1040332

                 日中 姿が見えなかった鳥海山も…

P1040334

『 6/4 新保岳…緑のブナ林を歩く  』


          『 櫛形 WIND TRAIL』への往復の時に 登山口の標示が目に入った新保岳。
     さっそく行ってみた。
     今回は、ナビ無しの自分の車でも大丈夫! と、リラックスして運転して行った。

P1040112

              ところが…こんな看板が!! ひええ~っ!

P1040113

      ちょうど 看板の向こうのハウスの方から 作業を終えたらしい2人の男性が
      歩いてきたので、訊ねてみたら…

      「 1週間前、うちのハウスの横で クマがイチゴを食べてたサ~!」
      「 あんた一人で これから新保岳の上まで登んの?
        クマがいる山になんか、俺だったら登らないよ。」
      「 でも、明日たくさんの人が登るらしいから、もしクマにやられて倒れたって、
        見つけてもらえるサ~(笑)。」
      「 あとは自己責任だからねえ~」

      …と いろいろ話してくださった。

      ここまでリラックスしていたのに、一気に全身に緊張が走った。
      一人登山だから、何かあったら困るな…という不安は常にある。

      でも、ちょっと迷ったけど、とりあえず登山口まで行ってみることにした。


      案内表示に「登山口まで6.2km」と書いてあった。
      登山口は標高400mくらいのところらしいので、けっこう登ることになる。


                   舗装された林道を進む。

P1040118

             かなり登ってきたよな~と思い、ふと見てみたら…
             今 来た林道が、あんなに下に見える!
P1040123

 

                   林道わきに、こんな所も。
P1040125



              登山口に着いた。
              車が何台かある! 登ってる人がいるんだ!
P1040126

                      よし! 行こう!

P1040127

                  登山口駐車場からの眺め。
P1040128

             見たことのない花。 辺りに たくさん咲いていた。
P1040129


        私が車から降りるとすぐ もう1台車が来た。
        地元村上市にお住まいだというご夫婦。
        クマ情報について少し話した後、お二人の後から登らせていただくことに…。


                    10:03 スタート。

P1040131

                イワウチワの新しい葉だろうか?
                ツヤツヤしていて、鮮やかな緑色。
P1040132


                 登り始めてすぐ、緑色の世界!
P1040134_2


P1040135_2

                   初めから、少し急な登り。
P1040137

       時々ご夫婦とお喋りしたり、ひとり立ち止まって写真を撮ったり。

          「 これも 何かの花かしら…。」
           と奥様が言うので、行って見ると… 

P1040138
              こんなのが。  花びらが散ったあとかなあ。
P1040139



           なかなかの急な登り。ロープが出てきた。
           でも、ブナ林がきれいでワクワクしてるので、大丈夫。
P1040141

                  この登りをふり返ってみる。
P1040144_2

P1040145_2

P1040147
P1040148

P1040150

P1040151


P1040152
                   
P1040157

P1040159

P1040162_2
                木々の間から、遠くの山が見える。
P1040160
           
P1040163

P1040164


                      スゴイ根っこ。
P1040166
                      見上げて見ると…
P1040167

                    根元の苔も いい感じ。
P1040168

P1040169

P1040170

             木漏れ日の中、キラキラ光って動いてたものは…
P1040171


                こんなところを歩けるなんて、最高!
P1040174


P1040177_2

P1040178

P1040179

P1040181

P1040183

P1040189

      涼しい風が吹いていて、サワサワと葉を揺らす。 その音が またイイ。
      緑と、光と、風と…。
P1040190_2

                ちょっと開けたところに出たみたい。
P1040191
                       こんな所だった。
P1040197_2
               木の枝や葉で、遠くはよく見えなかった。
P1040192



P1040195
P1040196


P1040201
P1040203

P1040204

P1040206

P1040210

                 山の色のグラデーションが素敵。
P1040214

P1040215

P1040216

P1040217

               大きなブナの木が 多くなってきた。
P1040222_2


         向こうから下山してきた人が。
         その人が小さくみえるから、そばにあるブナが大きいことがわかる。
P1040225

P1040226             同じ花みたいだkど、茎や花の色が微妙に違う。
P1040227

P1040229

            このあたりには、大きなブナの木が たくさんあった。
            ブナの木たちから見下ろされてる感じがした。
P1040231

P1040232
                   ブナの実が たくさん!
P1040233
P1040234

P1040235

P1040237
P1040245
P1040246

                 少し広い所に来た。 見晴台?
P1040248

P1040249

P1040253
                       また登って…
P1040255

             ちょっと「秘密の通路」みたいなところも通って…

P1040256


P1040257

                     またまた ロープだ。
P1040260_2

                 だいぶ上の方まできたような…
P1040266
                  お!  もしかして、ここは…
P1040267

        11時半前、頂上に到着!  のんびり登って、1時間半もかかった。
        一緒に登り始めたご夫婦は、すでに日陰で昼食を食べ始めていた。
P1040272

             まず 見に行ったのは…粟島。
             霞んでいて 海と空の境目がはっきりせず、 
             粟島が雲海に浮かんでいるように見えた。
P1040268

P1040275

P1040274

P1040273
      小学生の男の子と母親、ご夫婦、後から10人前後のグループも登ってきて、
      頂上が、賑やかになった。

          グループで来た人たちは、私とは別の方から登ってきた。
          他のルートあるんだなあ。
P1040276

                      少し休憩して下山。
P1040277
              同じ道だけど、登ってきた時とちがって見える。
P1040279_2

P1040280

P1040282_2

P1040284_2
               太陽は、ちょうど一番高い所にある。
P1040288

             この葉っぱたちも、空を見上げているんだろうな。
P1040290
P1040294
           
P1040295

                      木漏れ日の道。
P1040299

                    こんな所に水たまり。
P1040302


P1040303_2

P1040304

P1040305
P1040306

P1040309

P1040313


P1040314


P1040318

         なんと、ここで デジカメのバッテリー切れ。 ガラケイ登場。
         


                ポテトチップスみたいな模様の葉っぱ。
160604_121001

160604_121801


160604_122002

             あ! 草木に見とれながら歩いているうちに、
             あっという間に 登山口まで下りてきてしまった~。

160604_122701


             12:30 50分かけて下山。 下りも のんびり。  
160604_123001


            
           クマに遭遇しなくてよかった~!

           そして
           心地よい風が吹くブナ林を歩くことができて楽しかった~!

           新保岳、素敵な時間をありがとう! ヽ(´▽`)/

     




『 6/3 今日の庭より 』



          ナツツバキのつぼみ。 少しずつ少しずつ大きくなっている。

P1040088


              ブルーベリー。 いつの間にかこんなふうに…。

P1040092




          葉がマンサクに似てるんだけど、何の木(落葉低木)なんだろう?
          例年 花の時期の後に 葉が虫に食べられてしまってたけど、
          今年は まだ大丈夫みたい。

P1040103



                 アジサイ。 小ぶりな花が咲きそう。

P1040101



                ナナカマド。 緑色の実をつけていた。

P1040108


              これは何の木だろう? つぼみが いっぱい。

P1040107



                 う~何だっけ?  ウメモドキ?  

P1040110



             旦那が種をまいたホウセンカ。 本葉が出てきた。

P1040100








P1040085_2

P1040084_2

P1040080_2

『 6/3 夕方の空 』



                     ふわふわヒツジ雲。

P1040087_3



            雲に日の光があたって、空が光っているように感じる。

P1040105_2


          西の方から 雲が広がってきたけど、明日 晴れるといいな。

P1040111_2

『 明日は 暖かくなるかな 』




          
              昨日今日と肌寒く て、朝晩はナント暖房をつけて過ごしたほど。
       少し前 最高気温が30度近い日が続いて 夏のような暑さだったのが
      
       ウソのよう。

160602_184301_2


          こんなに気温の変化が激しいと、体は対応するのが大変。

          明日は、もう少し暖かくなるといいなあ。
          


160602_190301


          今日の夕方の空には、いろんな色の雲が浮かんでいた。  

『 「第1回 櫛形 WIND TRAIL」・・・その2  美味しい参加賞 』

  

                           チップとナンバーカードを外し、収容車でゴール地点へ。

                         完走証はもらえなかったけど、参加賞をいただいた。

             いろいろなパンフレットなどの袋と、もう一つの袋。



                  そのもう一つの袋の中身は…

160529_183101

            米粉を使ったコシヒカリパン、米粉のシフォンケーキ、
            そして飲むヨーグルト。

            何だかうれしい「美味しい参加賞」だ。



            ヨーグルトは、駐車場に戻ってから さっそくいただいた。
            疲れた胃に優しく、程よい甘みがあって美味しかった。

            米粉のシフォンケーキは、帰宅後すぐ 部活から帰ってきて空腹の
            娘がパクパク。

   
            コシヒカリパンは、翌日 きつね色にトーストしてから食べた。
            書いてあったとおり、「外はカリカリ 中はモチモチ」だった。
            


P1040073                



           胎内市は、日本で初めて米粉専用の製粉工場が建設された
           『米粉 発祥の地』なのだそう。   

            今度 胎内に行ったときは、米粉を使った料理やスイーツを
            いろいろ食べてきたいなあ。



                そうそう、「胎内高原の水」もあった。

P1040075
         これは、次に山行の時、山頂でコーヒーを飲むためのものにしよう。





               美味しい参加賞を、ありがとうございました!

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ