« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

『 10/31 金峰山~鎧ヶ峰~母狩山 往復 』

                      仕事が休みの今日。

                   どう時間をつかおうか迷って…
            久しぶりに 金峰山~鎧ヶ峰に登ってみることにした。
             午前中なら雨が降らないんじゃないかな…と思って。

                  8:20 青龍寺の登山口をスタート。

P1090854_2

             金峰山~鎧ヶ峰に登るのは、5/22以来、5ヵ月ぶり。

 

続きを読む "『 10/31 金峰山~鎧ヶ峰~母狩山 往復 』" »

『 弥彦へ 』

          新潟にいる息子の所に用事があり、旦那と二人で行ってきた。

                   新潟に向かう車の助手席の窓から、ずっと山々を眺めていた。

                       あ、櫛形山脈!

P1090807_2

           5/29 に行われた『櫛形WINDTRAIL』に参加した時、
                  あの左側からスタートして、
          アップダウンを繰り返しながら右側の櫛形山まで登って…
             一度下ってから登り返して…戻ってきたんだっけ。

      

       あらためて見ると、すごい所を歩いたり走ったりしてきたんだなあ…。

続きを読む "『 弥彦へ 』" »

『 電線に… 』


                       夕方の信号待ち。

       「カーカー」というカラスの鳴き声が騒がしいほどに聞こえたので、

                      窓の外を見上げると…

続きを読む "『 電線に… 』" »

『 NEWS 』

                中間テストが終わり、ホッと一息の娘が、

     「100均で買ってきた~!」と、木製のアルファベットに色を塗って遊んでいた。



P1080970

 

続きを読む "『 NEWS 』" »

『 天使の梯子 』


          秋になると、『天使の梯子』が見えることが多くなる気がする。

               

続きを読む "『 天使の梯子 』" »

『 ここにも あったんだ… 』

                     先日 以東岳登山に向かう際、コンビニに立ち寄ったのだけど、

                      その駐車場の端の方に…

     

続きを読む "『 ここにも あったんだ… 』" »

『 10/22 以東岳 日帰り④ ~大鳥池➡泡滝ダム~ 』

                朝日の中の大鳥池も素晴らしかったけど、
                  午後の日差しの中の大鳥池もイイ!
      

P1090778

続きを読む "『 10/22 以東岳 日帰り④ ~大鳥池➡泡滝ダム~ 』" »

『 10/22 以東岳 日帰り③ ~以東山頂➡大鳥池~』


                   「   なんて素晴らしい眺めなんだろう… 」
             360度 遠くの山々まで見渡すことができて感激!

         鳥海山や月山、2週間前に登った大朝日岳や小朝日岳が見えて、
                  とてもうれしかった。 ヽ(´▽`)/
     ( 大朝日岳に登った時は 山頂が真っ白で、景色が全く見えなかったから )

        他の山々を見ても どれが何の山か分からないのが、残念だった。
                 どの辺りまで 見えていたのかなあ…。

P1090695

続きを読む "『 10/22 以東岳 日帰り③ ~以東山頂➡大鳥池~』" »

『 10/22 以東岳 日帰り② ~大鳥池➡以東岳山頂~ 』

                      大鳥池の周りの紅葉が あまりにも素晴らして、
           「 大鳥池で のんびり紅葉を眺めながら過ごしたいな…」
                  という気持ちにもなったけど…

P1090616

           ここまできたら やっぱり以東岳に登らずにはいられない!

              8:30 大鳥池のタキタロウ小屋を出発。

続きを読む "『 10/22 以東岳 日帰り② ~大鳥池➡以東岳山頂~ 』" »

『 10/22 以東岳 日帰り① ~泡滝ダム➡大鳥池~』

     
       

       コースタイム、コースの状況、天気、日没の時刻、紅葉の状況…などから、
                やっぱり今日がチャンス! と思った。



                    午前3時頃 自宅を出発。

               真っ暗な中 泡滝ダムまで運転して行くのは、
              とても勇気の要ることだったけど…何とか到着。

            駐車場には 県外ナンバーの車が2台停まっていて、
                    私の後に もう1台来た。

            「 他にも登っている人がいるんだ… 」と少しホッとしながら、
             午前5時20分、空の色がかすかに明るくなり始めた頃…
                   

P1090524

                5:20 泡滝ダム 駐車場を出発。

P1090525

                かなり寒かったので 防寒具を着て…
                足元が暗いので ヘッドライトをつけて。

続きを読む "『 10/22 以東岳 日帰り① ~泡滝ダム➡大鳥池~』" »

『 明日は どきどきチャレンジ ! 』

      明日、『泡滝ダム~大鳥池~以東岳』に日帰りで行きたい!
      という気持ちが大きくなってきた。

      大鳥池は、今まで何人もの方から
      「 大鳥池の紅葉、いいよ~!」
      「 大鳥池には 一度は行ってみるといいよ!」
      と言われ、いつかは行きたい思っていたのだけど、

      せっかくなら、そこからさらに以東岳に登りたい!…と。

      でも…

続きを読む "『 明日は どきどきチャレンジ ! 』" »

『 秋の日は つるべ落とし 』

         夏は、日が沈んでからも しばらく空に明るさが残っていたけど、 
                今は 日没とともに 真っ暗になる感じ。

                          しかも、

              日没が どんどん早くなってるような気がする。


             16時半過ぎに こんな夕日が見えていた西の空は…

P1090508_2

続きを読む "『 秋の日は つるべ落とし 』" »

『 何て読む? 』

       昨日の夕方、信号待ちの時に ふと道路脇の店の看板に目をやった時、

         店の名前のそばに こんな文字が書かれているのに気づいた。

                    『 春夏冬二升五合 』

                ん? 何だろう? と思ったけど、

              信号が青になったので、そのまま走り出した。


             今朝、 新聞をパラパラめくっていて、ビックリ!

               昨日見た言葉が 載っているではないか!

続きを読む "『 何て読む? 』" »

『 2015.10月中旬の 夕方の空 』

                              「 昨年の今頃は…」

                          なんて、

        最近 昨年の同じ時期の写真を見ながら思い出してみることが多い。

                     昨年から今年にかけて、

                いろんな変化があったからかもしれない。

続きを読む "『 2015.10月中旬の 夕方の空 』" »

『 紅葉の林の中を歩きたい 』

             10/10に  二ノ滝コースから鳥海山に登った時も、
             10/15に 大朝日岳に登った時も、
                  ブナ林は まだ黄緑色だった。

               紅葉・黄葉したブナ林の中を歩きたいなあ…
               という気持ちが、ムクムク湧き上がってきた。

                        そういえば…
                     昨年のちょうど今頃、
          キレイに紅葉・黄葉したブナ林の中を歩くことができたっけ。

           

151018_065801_2

続きを読む "『 紅葉の林の中を歩きたい 』" »

『 秋晴れの日曜日 』


        

                    爽やかな秋晴れの青空が広がった今日。

       昨日ガスの中を歩いた月山が、 一日中 スッキリと雲の無い姿で見えた。
                        ちょっと(いや、かなり)悔しいな…。(^-^;

                           そして、  
                今日 大朝日岳に登ると言ってたMさん、
                  スゴイ景色を眺めてるんだろうな…。
         初の大朝日岳、こんな天気の中を登れて最高の気分だろうなあ…。

                       …と思いながら、

           私は、家事をしたり、登山靴やランニングシューズを洗ったり。
               土日、どちらか一日山に行かせてもらったら、
             あとの一日は ちゃんと家のこともしなくては(笑)。


                アイロンがけをしていると、鳥の鳴き声が。

P1090482

続きを読む "『 秋晴れの日曜日 』" »

『 10/15 月山 ~8合目より~登り 』

             先週 風雨のために延期した母との月山登山。

         
           朝方 けっこう雨が降ったので どうかな…と思ってけど、
       「予報は 曇りのち晴れだし、行くつもりになっていたから行ってみる!」
                  と 母が言うので、行くことに。
         

           羽黒山の方を通り、月山ビジターセンターから右折して、
                道の両側のブナ林がキレイな所を通ったり、
             黄葉したカツラの葉が ヒラヒラ降るしたを通ったり、
             紅葉・黄葉した木々の間の道をくねくね登ったりして
                     8合目の駐車場に到着。



      9月の紅葉の時期に来た時は、朝5時ですでに30台以上停まっていたけど、
                   この日は その半分ほどだった。


                  駐車場から 西側の景色を眺めて…

P1090339_2


                      午前9時、スタート。

P1090341


続きを読む "『 10/15 月山 ~8合目より~登り 』" »

『 10/15 月山 ~8合目より~下り 』

          月山神社の下の広場では、たくさんの人が 昼食休憩中。
         9月に登った時に昼食を食べた場所が ちょうど空いていたので、
                      そこで食べることに。

              母が作ってきてくれた弁当を一緒に食べた後、
               私が持ってきたコーヒーと豆大福を。(*^-^)
           「 山の上で あったかいコーヒー、いいね~。」
           「 大福もち、ペロッと全部食べてしまった。美味しかった!」
            と 喜んでくれた。 よかった~!


             ココロもカラダも ホッと一息ついたところで、
                   13:00 下山開始。

P1090405

                          たった一つ、ちょこんと咲いているミヤマリンドウを発見。

続きを読む "『 10/15 月山 ~8合目より~下り 』" »

『 木守りりんご 』

                  旦那が 青森への出張から帰宅。

               お土産に『アップルパイ』を買ってきてくれた。

P1090334

続きを読む "『 木守りりんご 』" »

『 朝の空 』

           朝日が昇ってくるのをじっくり眺めるのは、久しぶり。

              鉾立から鳥海山に登った時以来かな。

P1090312

続きを読む "『 朝の空 』" »

『 実家にて 』

                実家の母に 遊びに行く連絡をすると、

          母は いつも、玄関や洗面所に花を飾って待っていてくれる。


P1090300

続きを読む "『 実家にて 』" »

『 10/10 大朝日岳 ~古寺鉱泉より~ 登り 』

      期待していた3連休、1・2日目は雨。
      3日目に どこかに登りたい!…と天気予報を見ていたけど、
      月山・鳥海山は かなりの強風の予報。
      登れそうな予報だったのは…以東岳と大朝日岳。

      どちらも「そのうちチャレンジしたい山」ではあったけど、
      …今の自分が日帰りで登ってくることができるだろうか。
      …登る以前に、登山口のある場所まで運転して行けるだろうか。 

      いろいろ不安は たったけれど…
      チャレンジしたい気持ちの方が ずっと大きかったので、行くことに!

      PCで情報を得たり、経験者からアドバイスをいただいたりして、準備をし…
      家族の了承も得て… 

   

         朝4時、 暗い中 自宅を出発。      
         5時を過ぎた頃から 東の空が少しずつ変わってきて…
         5時半に 駐車場に着いた頃には、ずいぶん辺りが明るくなった。


         驚いたことに、駐車場には すでに車が30台以上!
         何とかスペースを見つけて停めた。
         準備中の登山者が 他にも何組かいた。
  
                5:50 古寺鉱泉手前の駐車場をスタート。

P1090077

   

                            駐車場から 川沿いの道を少し進んだ所に…

P1090078



                     古寺鉱泉があった。

           橋を渡って…建物の左側の道に進んで…登山道へ。

P1090079


            
             水音を聞きながら、 ここから斜面を登っていく。

P1090081



                      急な登りが続き…

                  少しずつ標高が上がっていく。

P1090082



                    ここは、松の木の根の道。

P1090083



                ブナ と ヒメコマツ がくっついてる。

P1090085



                  松の木の林を過ぎて…ブナ林。

                       ふり返ってみた。

P1090089

                  
                  ゴツゴツした石がたくさん現れた。

P1090091_2



                 いろんな木が混ざった林の中を進む。

P1090092


                   ひたすら登りが続く道だけど…
          こんな林の中、朝のすがすがしい空気を吸いながら歩くのは
                      ホントに 気持ちいい。

P1090093


P1090096



                    向こうの木の幹を見たら…
                 キノコが上の方まで たくさん!

P1090097



                        『一服清水』。

P1090098

                   冷たくて美味しい水だった。

P1090099

           

P1090100


                       前日までの雨で、
                 あちこちに ぬかるんだ所があった。

P1090102


                 大きなブナの木がたくさんあり、
       思わず立ち止まって 下から見上げたり 幹に触れてみたり…。

P1090103



                    7:30 ハナヌキ峰分岐

P1090104_2


            この辺りから、葉が赤く染まった木々が増えてきた。

P1090105



P1090106



                         迫力~!

P1090107


                 大きなブナが あちらこちらにあり、
                   その存在感に圧倒された。

P1090109



             ずいぶん遠くの方まで見えるようになってきた。

P1090111




              道の両側の土に抹茶を振りかけたみたいな
                    「抹茶ロード」がしばらく続く。

P1090112



                        「三沢清水」。
                   ここの水も 美味しかった!
       

          先に休憩していた男性と、私の後から来た2人組の男性と、
                    4人で ちょっとお喋り。

P1090114



P1090115


               今度は、ちょっと歩きにくい こんな道が続く。

P1090116_2



                何だか空が広くなったぞ…と思ったら、
                      稜線に出たらしい。

                向こうの稜線を歩く人の姿が見えた。

P1090117


              

P1090119



              こんなふうに、ちょっとドキドキする場所も。

P1090120


            ずっと曇っていたけど、少しずつ日が差してきた。

P1090121


P1090122



                 ずう~っと向こうまで山が続いてる。
                   今まで見たのとは 違う景色。

P1090124




                    7:50 古寺山に到着。

               スゴイ景色が 目の前にあって ビックリ!

                   左側の山が 小朝日岳。 
             その右側の 雲がかかっているのが…大朝日岳!?

P1090125_2



                        うわ~い!
             あの稜線を歩いていくんだ~! ヽ(´▽`)/

P1090126

              今まで見たことのないスゴイ景色に、感動!




                先にいた男性から写真を頼まれる。
       この方、今日 大朝日岳に登頂すると、百名山登頂 達成だそう。
                        すごいなあ…。



                  その方から 元気をいただいて、
                      小朝日岳の方へ。

P1090128



P1090129


           紅葉した木々と 緑の草木の組み合わせが素敵で、
                 あちこちで 立ち止まっては 眺めた。

P1090130



                   ここも ちょっとドキドキ…。

P1090131


  
                  向こうを歩く人たちが 見えたぞ。

P1090132


          小朝日岳山頂への道と、山頂を通らない巻き道の分岐。

            さっき 前を歩いていた人たちが 休憩中だった。

P1090133


                  私はもちろん、山頂への道へ。


                   徐々に 風が強くなってきた。

P1090134


             ガツガツした石で 歩きにくい所も あったりして…。

P1090135_2


            ふと左を見ると、 小さな白い雲が光っていた。

P1090136


                     お!  もしかして…

P1090137



                         やった!
                  8:30 小朝日岳山頂に到着。

P1090138



                 ここから 鳥原山への道も。

P1090139




                   登ってきた方を振り返る。

           ここまで2時間40分。 けっこう 登ってきたんだなあ。

P1090140


                        そして…
            私が これから目指すのは…こっち! 大朝日岳!

             あの稜線を歩いていくんだ…。すごいなあ!

P1090141
     本やPCで見て、「いつか自分も この景色を見たい」と思っていた景色が、
                    今 目の前にある!




          残念ながら 山頂は 雲がかかっていて見えないけど…
                    小さく 小屋が見えた!

P1090142
                   目の前の大きな大きな景色に、
            「今 見えているのは、実際の景色なんだろうか…?」
                  と、不思議な気持ちになった。


      冷たい風が吹いて肌寒くなったため、雨具を着て、小朝日岳を出発。



               
          紅葉の木々と ハイマツなどの緑、ダケカンバの白い幹…
               小朝日岳から大朝日岳に続く稜線には、
                  素晴らしい景色が広がっていた。

P1090143


             右手には、西朝日岳の方も 見えていた。
          いつか 向こうの道を縦走できるチャンスもあるだろうか。

P1090144



          小朝日岳で話をした2人組の方々が下りていくのが見える。
              ( あの先は 急な下り坂になっていた。)

P1090145

P1090147_2



                  足元に、落ち葉がたくさん。

P1090148_2

               急坂を下って行った所で、巻き道と合流。

P1090151


              下りきった所から 小朝日岳の方を見ると…
                    ゴツゴツした岩の斜面が。

 

P1090154



                  小朝日岳をふり返って見た。

P1090155

                        登り返して…

P1090156


                 ゴツゴツした石の道を歩いたり…

P1090157


                 気持ちよい稜線の道を歩いたり…

P1090158


         

P1090159

                  紅葉の木々に見とれたり…

P1090161


                     目指す方を見たり…

P1090162


                 足元の植物に 目が留まったり…

P1090163


P1090164



                この辺から、脚がキツくなってきたけど、
                 ゆっくり一歩一歩 歩き続けて…

P1090165

                遠くの景色にも 目をやったり…

P1090166
  

                  自分を励ましたり…しながら歩く。
              

P1090167


                  風が強い所だとわかる!
             

P1090168


                10:00 大朝日岳の小屋に到着。

P1090169



                   少し休憩した後、山頂へ。

P1090170



                 かなりガスが かかってる~!
                 おまけに 冷たい風がビュービュー。

P1090171


P1090172



                   大朝日岳の山頂までは、
              ガレガレ・ザラザラしていて 、歩きにくい道。

P1090173



            10:15 小屋から10分ほどで、大朝日岳山頂に到着!

P1090175



        あちらこちらで立ち止まって お喋りしたり景色を眺めたりしながら、
            古寺鉱泉から4時間25分で 大朝日岳山頂に到!
                









続きを読む "『 10/10 大朝日岳 ~古寺鉱泉より~ 登り 』" »

『 10/10 大朝日岳 ~古寺鉱泉より~ 下り』

       

          ガスで真っ白な大朝日岳山頂には、数名の登山者がいて、

              私の後からも、次々に登ってくる人がいた。      

P1090175

続きを読む "『 10/10 大朝日岳 ~古寺鉱泉より~ 下り』" »

『 シラン 』

          春、濃いピンク色の花を咲かせて 私に元気をくれたシラン。

                    秋の こんな姿も いいなあ。

続きを読む "『 シラン 』" »

『 ハナミズキ 』

                 何か 赤いものが散らばってるぞ…

P1090066

                     ハナミズキの実だった。

P1090068_2

              ハナミズキの木を植えてから 15年も経つのに、

                  実をよく見たことがなかったかも!




                 こんなふうに紅葉する葉だけを見て。

P1090067

                すぐそこにあるのに 見ていないものが、

                         もしかしたら

                 ほかにも たくさんあるかもしれない。

『 マーシャ・ブラウンの写真絵本1  めで あるく  』



            何年も前に買って、本棚に立てたままになっていて、             
              今まで じっくり読んだことがなかったけど…


P1090063_4

                    ふと思い出して手に取り、開いてみた。

                        そうしたら…

                   今の自分の心に響く言葉が

                  あちらこちらに たくさんあった。

                  そんな言葉たちの中から いくつか。

                    ( 自分の写真を添えて)

     ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*   ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*



                             みること
                                  それは めで あるくこと
                                 あたらしい せかいへと

P1070949_2

                   ゆっくり あるこう   こころを
                   いろんなものに ぶつけながら
                   いろんなものに くすぐらせながら
                                                       
P1080768_2
                 


                みることは また
                         だれかの つばさを かりて
                         とぶことー

P1060712_2


                    

                みることで
                   せかいは ひっくりかえる
                  あなたが さかさまに
                  なりさえすればー

                  そして また よこむきに。
                   そのとき みたことのないものが
                   みえてくる

P1080997_3

                             

                    みることは えらぶこと。
                        かみを つつに まるめてごらん。
                        そこから のぞいてごらん。
                        みたいものだけが みえる。

150705_160601




                         みることは といを うみだす


P1070739



                       みることは
                           あなたを ときはなつ!


P1070231



               みることで あなたは
                  すてきなものを こころに ためこむ
                  そして なんども おもいだす。

P1020875



               あなたの せかいの
                  はじっこから むこうを みるんだ。
                  あなたの めを あるかせるんだ。
                         
     P1060050


                                        みることで みえるものを
                    じぶんのものに
                    しよう

      


               ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*      ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*                           



                                                 さあ、

             明日は どんなものをみることができるだろうか。

『 夕方の空に虹 』

                  

                         勤務終了後 家に向かって運転中、

               右手前方に 虹が出ているのが目に入った。


                         よく見ると、

             ハッキリした虹の外側に、もう一つ うすい虹もある。


           「お願いだから、信号で止まるまで そのままでいて~!」

                     と心の中で叫び続けた。
    

               
                ラッキーなことに すぐ先の信号が赤に。
             


                          パチリ!

P1090060_3




                          以前から、
           
            「 勇気を出して 一歩前に踏み出してみようかな 」

                      と 思っている時や、

            「 何だか 次のステージに進めそうな気がする 」

                   と いう感じがしている時などに、

                    虹を目にすることが多かった。



                 …今日の虹も そうかもしれない…。

               

『 台風18号接近 』



                台風18号が、今夜遅くから明日の朝にかけて 近づく予報。

      普通なら西の空が夕焼けになるのに、今日は南寄りの空が赤くなっていた。


P1090057


               夜になって 少しずつ風が強くなってきた。

           これから明日の朝にかけて どんな天気になるだろう?

『 黄緑色 』


                    9月の初めに『赤』にこだわって買ったリュックは、
             事情により、私の元を離れることとなった。

             その後、考えて迷って悩んだ結果、
             この度 私の所にやってきてくれたリュックは…これ。

161005_171801_2

            「リュックを買うなら 赤や青などのハッキリした色がいい」

            と ずっと思ってきた私が、今回選んだのは…
            なんと黄緑色! それも、ちょっと くすんだ感じの。

            自分でも 意外(笑)。



            そういえば…
            今のガラケイは黄緑。
            走るときに使ってるリュックも 黄緑だなあ。

            何かの本に、
            「黄緑は、大きな変化の時期に 支えとなってくれる色」
            と書いてあった。

            確かに、ここ1・2年、
            自分にとって 大きな変化の時期だった気がする。
    
            自分の心や体は、ちゃんと自分の状況を感じ取っていて、
            毎日のように使う物に 黄緑色のものを選ばせていたんだろうか。
            

『 10/2 鳥海山 ~二ノ滝コース~月山森~万助道~ :登り 』

                   1週間前の予報では雨だったけど、少しずつ変わって…
             直前の予報は晴れに。 ヽ(´▽`)/

             都合により、いつもより遅い7時前に自宅を出発。

             
        デジカメを充電したまま忘れてきたことに気づき、ガッカリしたけど…
        気持ちを切りかえて ガラケイで撮影。



             色付き始めた鳥海山が すっきりキレイに見えた!
             期待感が ふくらむ。

161002_072901


                  50分ほどで 一ノ滝駐車場に到着。



         まずは、駐車場脇にあった水場で、冷たくて美味しい水をいただいた。

161002_075201_2



             このコースは、ずうっと水音を聞きながら歩けそう!

161002_075601

                   8時、鳥居をくぐってスタート。

161002_080101_2

               ダイモンジソウが あちらこちらに咲いていた。

161002_080501


                           一ノ滝。

161002_080601_3


                  水音を聞きながら歩くの、大好き!

161002_081901_2


                    2月に氷柱を観た二ノ滝。                     

161002_082102_2

161002_082301


                 ものすごい岩や ゴツゴツした大きな石が
                 あちらこちらに。

161002_083101_2

161002_083201


                           三ノ滝。

161002_084501_2

                この近くに、万助道に繋がる橋があった。

                          玉粋滝。

161002_085101_2

    

                      ピンボケだけど…
                 可愛らしくて撮ってしまったキノコたち。

161002_085201

                

                         額絵の滝。

161002_085401_2

                          仙龍滝。

161002_085801

                      水が青っぽく見えた。




                  ブナの林に 日が差し込んできた。

161002_090701_3


                 ブナ林の中は、フカフカして優しい道。



                   真っ直ぐに伸びたブナの木たち。

161002_091101



                   ブナの紅葉は、もう少し先のよう。

161002_091302_2


161002_091701_2



                 ビロードみたいな苔が生えた木の根。

161002_091901


161002_092201




161002_092401
             ゴロゴロしてて 苔の生えた大きな石が たくさん。

161002_092501


                 心地よい水音を聞きながら、しっとりとした雰囲気のブナ林の中を歩く…
       
                   しばらく そんな道を進んだ。


161002_092601_2

                ブナが紅葉した頃にも 歩きたいなあ。




                                足元には、ブナの実(殻?)が びっしり。

161002_092801


            

161002_093201



              この辺りから、小さな沢をいくつも渡ることに…。

161002_093901


                道の真ん中の石に、キノコが どどーん!

161002_094701



             途中 渡った沢の水に、青空や木々が映っていた。

161002_095001



           こんなふうに、「沢を渡ったら 向こうは急坂」…という所が
           次々に現れた。

161002_095401



                 あちらこちらに、スゴイ木の根の道も。

161002_095402


161002_095701



                次第に、曲がったブナの木が増えてきた。

           
            怪獣が 何本もの腕を広げて「ハッハッハッ…」と笑いながら
            石の上に立っているような(?)ブナの木。

161002_100001


                   こちらは、力強い感じの木。

161002_100401_2



                   上を見上げるような急な登りも。

                でも、
                「ここを登ったら、何が見えるんだろう?」
                と、キツくても ワクワクしながら登れる。

161002_100501




161002_100601
                  木々の枝の向こうに 少し見えた…。
161002_100701_2


161002_101401


                     尾根道に出たのかな?

161002_101601



                      ふり返ってみると…

              いつの間にか、こんなに標高が上がっていた。

161002_101801_2


                       左の方には…

161002_101802


                         不動の滝?

161002_102101
161002_102201





               わ~、大きな沢に出た~! ここが 月山沢!
               前日晴れていたので、渡れる状態でよかった。
               

                    月山沢の中間地点で パチリ。

161002_102701


                     こんな所を渡ってきたぞ~。
                  ( 増水時には 渡れないとのこと。)
161002_102801

             ここまで、ナント十数個の大小の沢を渡ってきた!




                 スタートから約2時間半。10時半前。
          腹ペコなので、沢を渡りきった所で ちょっと休憩することに。


                         
161002_103201



                   おやつを食べてから、再び出発。


                  しかし…すぐに急登が待っていた。

              ヘロヘロになりながらも登り、ふり返ってみたら…

               登ってきた道が、ずうっと向こうまで見えた。

161002_104601


                    また少し登って ふり返る。
                   遠くに 庄内平野が 見えてきた。

161002_104701


                     さらに 登ってふり返る。
                私が歩いてきたのは、真ん中に見える尾根。

                   『馬の背』というところだろうか。

161002_104901

             


                  足元に、小さなドングリがいっぱい。

161002_105102



           空が広くなってきた。  ずいぶん上の方まで来たみたい。

161002_110201


                     石畳の道になった。

161002_110401

                    左手に 笙ヶ岳も見えてきた。

161002_110402

                   千畳ヶ原辺りに きたみたい。               
                    石畳から 木道になった。

161002_110601
             前を行く人が、立ち止まって写真を撮っている。
             向こうには、草紅葉の千畳ヶ原…?

161002_110701


161002_110901



161002_111501_2
                          おお~!

161002_111801

                      静かな静かな時間。


161002_111902


                   青空に向かって 歩いていく。

161002_111903



               フワフワした草原の中に、くねくねした木道。      


161002_112001


          ( 広い広い景色を ガラケイでは撮りきれなくて残念。 )

161002_112201
           辺りには 風が草の上を渡っていく サワサワという音が。

161002_112301



                   スタートから 約3時間半。
                   T字分岐に到着。

         前回ここに来たとき、「いつか二ノ滝コースも歩きたい」と思ったっけ。
         今日は、その二ノ滝コースを登ってきたぞ!

161002_112601
               
              ここから さらに、右に進んで、月山森を目指す!



                  ポツリポツリと 登山者の姿が。



        みんな、
           それぞれのペースで ここに歩いてきて…
              それぞれの想いをもって
                 この風景を眺め、この風の音を聞いているんだ…

161002_113001



             前方右手に月山森、その左に幸治郎沢が見えてきた。

161002_113101



       (  幸治郎沢では、かなり踏ん張って登って…写真を撮る余裕ナシ。)





                12:15 月山森に到着~! ヽ(´▽`)/

                      遠くに月山が見えた。

161002_121501



              月山森の山頂から 少し西側に下った所で、
              景色を眺めながら 昼食休憩。


                鳥海山山頂が クッキリきれいに見える。

161002_121601


           向こうには笙ヶ岳~御浜方面、
              その手前には 広い広い千畳ヶ原が広がる。

161002_124401


161002_124501

161002_124601



       小さなアップダウンを繰り返すコースを 頑張って登ってきたご褒美は、
          月山森の上からの素晴らしい景色。 o(*^▽^*)o


           溪谷沿いの道を登り、沢をたくさん渡る 二ノ滝コース。
           他のコースとは また違う鳥海山を感じることができた。


                      来て よかった~!
         

『 10/2 鳥海山 ~二ノ滝コース~月山森~万助道~:下り 』

          登りは 今までにないほど バテてしまい、
          「 もうこれ以上は 登れない~! (;´д`) 」
          と思いながら やっとのことで月山森に登ってきたけれど…

          素晴らしい景色を眺め、
          豆大福と美味しいコーヒーで一息ついたら、
          少しずつ 元気が回復! o(*^▽^*)o
     

 

        12:45 下山開始。
        下りにかかる時間を考えたら、のんびりしていられなかったんだ!

161002_124901_2




161002_125301


              チングルマの葉が 落ち着いた赤に紅葉していた。

161002_125401




                  葉 祥明さんの絵みたいな景色。

161002_125501_2


         幸治郎沢に向かう途中 ふり返ると、空には一面こんな雲。

161002_125901


                         幸治郎沢。
           元気が回復してきた下りは、調子よく石を渡り下りてきた。
             アスレチックコースにたいな幸治郎沢、楽しいなあ。

         幸治郎沢の途中ですれ違った方々から「どちらから?」と訊かれ、
           「二ノ滝コースを登ってきて、今 月山森に行ってきて、
            これから 万助道を下ります。」
         と答えたら、驚かれた。
                    
             「万助道も、長くて けっこうタフなコースなんだな…」
             と、気が引き締まった。



    
                この前は、T字分岐で休憩しながら
              向こうの万助道を歩く人を眺めていたけど…
          
               今回は、その万助道の方へ進んでいく。



              まずは、御浜方面へ向かい、蛇石流の分岐へ。

161002_133701
                   分岐から 万助道へ入った。 



               池塘の水面に 紅葉した山の木々が映る。

161002_134001




161002_134501
                     ここを 向こう側に渡って…

161002_134502

                    しばらく こんな道を進む。

161002_134601



          ウイ~ンという音がしたので見上げると、パラグライダーが。

                鳥のように上から眺めるのも いいなあ。

161002_134801



              ふり返ると、 向こうに 歩いてきた道が見える。

161002_135301


                    前には、こんな景色。

161002_135401


161002_135601


161002_135602



161002_135801

                       まだ咲いていた?

161002_140001



               草紅葉のフワフワな景色と別れに告げ…

           今度は 苔の生えた大きな石が積み重なる道になった。
                 滑らないように気を付けながら下る。

                 道の両側から 木々が覆いかぶさる。

161002_141301

            ゴロゴロ石を下って しばらく進むと、こんな場所に出る…

161002_141601 
              …というのを繰り返しながら、長い長い道を下った。 

161002_142501


                まだかな、まだかな…と思いながら歩き続け、
                15時前に やっとここに到着。

                          万助小屋。

161002_145601
                  管理されていて 中はキレイだった。
                       ストーブもあったぞ。
               山小屋でストーブにあたるなんて、いいなあ。

            いつか こんな小屋に泊まりながらの山歩きをしたいな。

161002_145402


                 小屋の外に たくさん咲いていた花。
161002_145201



               万助小屋で、まだ下りの半分! (。>0<。) 
               日が暮れる前に 駐車場に着かなきゃ!

               
               長い道中 いろんなものが目に入ってきたけど、
               写真をたくさん撮ってる場合じゃなくなった。

                      けっこう脚にキテたけど、
            ゴロゴロした大きな石や木の根の段差があちこちにあり、
                気を抜けない状況の中、ひたすら歩き続けた。



           ずいぶん歩いたなあ…という頃に、ブナ林の道になってきた。

161002_151601
                  
                   フカフカしてる所もあるけど、
                 あちこちに苔の生えた石があるから
                   ずっと気を張りながら下った。

161002_153201


                 午後の日差しが差し込んで きれい。

161002_154001



              こんなに細くてカワイイ枝に、目印のテープが。

161002_154002


161002_154201

             標高が下がってくるにつれて、また水音が聞こえてきた。


               水音が聞こえ出してからも、まだまだ下って…



            15:50 万助道から 駐車場方面へ戻る分岐に着いた。

161002_154901

             16時を過ぎると、夕方の日ざしになってきて、
             日陰では 「このまま 辺りが暗くなったら どうしよう…」
                    なんて心配になったりも。

             

                  16時半、ようやく ここまできた~!

161002_162901

                    少し行くと、車道に出た。

161002_163101



           ほんの少し車道を下ると、一ノ滝駐車場に到着! 16:30。

161002_163401

             登り4時間15分、 休憩30分、 下り3時間45分。
                  今日は、8時間30分の山歩き。
                 今までで 一番ハードだったかも。


                頑張って歩いたぞ~! ヽ(*≧ε≦*)φ

               


              車で帰る途中、 思わず車を止めて撮った景色。

161002_164801_2




                なんと、『 翠 』が あんな所に見える。

161002_165501



                         ふり返ると、
            さっきまで歩いていた鳥海山が 夕日を浴びていた。

161002_165601_3



             私にとっては なかなかタフなコースだったけど、
                    歩いて良かったなあ。

           今までとは違う 鳥海山の別の魅力を知ることができた。 

161002_170101


                 鳥海山、ありがとう! ヽ(´▽`)/

『 10/1 庄内空港 』


         空に大きく広がる こんな雲をチラチラ眺めながら、庄内空港へ。

P1080975

                    鳥海山が キレイに見える。

P1080979_2


              オモシロイ雲!  並んで歩いてるみたいな…。

P1080981_2



                  いつもの駐車場に車を停め…

P1080982_2


                   鳥海山を眺めてから スタート。

P1080985_2


                        エゴノキの実。

P1080988_2


                          バラの実。

P1080989_3


                    バラの花びらが散ったあと。

P1080990_2


                         これは…

P1080992_2
                  ヒガンバナの花びらが散ったあと。

P1080993_2



P1090002_2



P1080994_2

                 さざなみの池に 空や木々が映る。

P1090001_5



             

                  あちらこちらに いろんなキノコが。

P1090003_2
P1090004_2

P1090007_2

P1090006_2

                         うりゃ~っ!

P1090010_2

                   テントウムシが 遊びに来た?

P1090011


                     ウメモドキの赤い実。

P1090008_6




P1090013_2





P1090016_2



P1090017_2




P1090020_2




P1090023_2




P1090026_2

P1090029_2

P1090032_2



P1090034_2



P1090036_2

            いろんなエノコログサの中で、この色がいいかな。

P1090039_3

P1090043_3


               雲の上に ちょこんと顔が出てる鳥海山。

P1090045_2


P1090047_2




P1090048


                 太陽の光に葉が透けて キレイ…。

P1090049


                 少しずつ秋に向かっていた空港だった。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ