« 『 辺り一面 真っ白に 』 | トップページ | 『 12/18 金峰山~鎧ヶ峰 』 »

『 12/17 羽黒石段~南谷 』

                              冬型の天気で冷たい風が吹く今日。
              「あそこなら 大丈夫かも…!」と向かったのは、
                           羽黒山。

P1110209_3

                    同じ頃に随神門をくぐったのは、
                    横浜から来たというご家族3人。
                   五重塔を観に行きたいようだった。

            「トレッキングシューズを持って来ればよかったね。」
            と話していたその方たちの足元は、普通のスニーカー。


 
               
      「 積雪は少ないし、凍ってもいないし、前に歩いた人の足跡があるし…
       大丈夫そうですよ。」 
                    と その方たちに伝えると、
            私のすぐ後を歩いて 門をくぐっていらしたので…

               ウチの息子と同じくらいの息子さんと
           横浜マラソンのことなどを話しながら石段を下りた。


                      赤い橋まで来た時、
                    横浜の方々が声をあげた。
           「 うわ~! やっぱり今の時期に来て良かったね~!」
           「 うん、うん。」

         わざわざ横浜からいらしたご家族が そう言っているのを聞いて、
                       とても嬉しかった。

P1110210_3


                     横浜のご家族は五重塔へ。
                       私は 山頂の方へ。                   

                         P1110214

                 思ったより雪は少なく、ワカンは必要なし。
                ストックをつくと、すぐ石段にコツンと当たる。



                     杉の木に生えた苔に、
                           雪。

P1110215_2



                         一の坂。

P1110220



           登りきったところからは、意外にスッキリと遠くまで見えた。

P1110222


                   こんなふうに落ちてる杉の葉、
                     キレイな模様に見える。

P1110224_2


                          二の坂。
                 向こうから下りてくる人の姿が見えた。

P1110226

                その方と すれ違う時に 少し立ち話。

                         その方は、
                   福島県いわき市から来たこと…
                   これから 弥彦神社に行くこと…
                   最近 登山を始めたこと…
                   月山が大好きで 今年は5回登ったこと…
                     などを話して下さった。


         

                     木の葉がすっかり落ち、
             ずうっと向こうの景色が 木々の奥の方に見えた。

P1110227


                      二の坂の上の茶店。
                 営業は、毎年11月上旬までとのこと。
                   また来年、よろしくお願いします。

P1110232




                店の前からの庄内平野の方の景色。

P1110230


                     こちらは、その反対側。
                      櫛引の方が見える。

P1110231



                       再び 歩き出す。

P1110236_2



                      ふと脇を見ると…
                       カワイイ足跡が。

P1110237




                  冬だから見える 遠くの景色。

P1110238_2


                       それにしても…
                    杉の木、力強く見えるなあ。

P1110239

                無雪期の凜とした雰囲気とは また違う
                    シ~ンとした静けさ。

P1110240


              

P1110241

             秋までとは違う景色を眺めながら歩いていたら…

               何だか あっという間に着いてしまった…。

P1110246

         

               「謹賀新年」…すでに準備がしてあった。

P1110248

                       駐車場の方へ。

P1110250



             駐車場脇の店に入ると、あの横浜のご家族が。
                「 やっぱり お会いしましたね。」
                       と言われた。

                    あったか~い甘酒を飲んで、
                       ちょっと一休み。 

P1110251

                   お店の方と ちょっとお話。

             雪の降り始めは 11月上旬で早かったけど、
             今は 積雪が少なくて、
             松例祭ができるかどうか 関係者がやきもきしているとか…

             以前、雪が少なかった時に、
                            月山ダムから雪を運んで松例祭」を行ったことがあったとか…



                    体があったまったところで、
                         下山開始。

                  さっき 三の坂手前で確認したら
             南谷の方へt続く道も 大した雪が無かったので、
                思い切って 南谷をまわって行くことに。


                    駐車場脇の古道を進む。

P1110253

                      車道を横切って…

P1110254_2



                    荒沢寺へと続く道へ。

P1110255




                         ふり返る。
                     もう 自分の足跡だけ。

P1110256_2



                車道を横切った所から少し進んだ所に、
                   南谷の方へ下る分岐がある。
                 ( 写っていないけど、標示もある。)

                 ( 写真の右上から来て、左下の方へ)

P1110257



               右側から左奥へ カーブした道が続いてる。

P1110258


         
                     今来た道をふり返る。
                 ( 右上の方から 下ってきた。)

P1110259



                   木々が すっかり葉を落とし、
               夏にここを歩いた時とは 全然違う景色。

P1110261




                  おっと、倒木が道をふさいでる!

P1110262_3

                       だいじょーぶ!
              このまま真っ直ぐ進んで 木をくぐって行ける。



                  積雪が少なく、なだらかなので…
                    ここからは 走っちゃえ!

P1110263

                 ちょっと淋しい感じの道だけど、
                     何だかワクワク。



                   走ってきた道を ふり返る。

P1110264



                    前方、左側は 杉林。

P1110265



                杉林の中へ、斜面を駆け下りていく足跡。

P1110266



                水が流れているところが 何ヵ所かあり、
                       その上を渡って。

P1110267





P1110268




                      南谷に着いた!

P1110269



               あずまやの屋根には たくさんのツララが。

P1110270


                      池をのぞいてみる。

P1110271_4




                        春になったら、『南谷のカスミザクラ』を観に来よう!

P1110273_2


                                  雪の間を流れてくる水の音が 心地よい。

P1110276_3




                              南谷の方からクネクネ続く 私の足跡。

P1110278_2


                      時々 鳥の声が。

P1110279


P1110281



                     三の坂手前に出た。

P1110284

                  ここからは また石段を下る。


             私が登る時には無かった スノーシューの跡が。
               私の後にも 登ってきた人がいるんだ…。

P1110287




                          ドドーン!

P1110288

              三脚を構えて 五重塔を撮っている方がいた。
                「仕事が終わってから 来ました~。」
                  というその方は、新潟からだそう。



                 ショウジョウバカマの葉がイキイキ。

P1110290



P1110292



                 橋の上から 下流の方を見る。

P1110293


P1110297



                      最後の ひと登り。

P1110299


                          …の、
                   登り始めに 目に入った苔。
                     石段のそばの石に。

P1110300_2





P1110301

                           到着。

P1110302


                        ふり返ると、
                       赤い額縁の絵。

P1110304



                思ったより雪が無くて 残念だったけど、
            その分 南谷の方をまわって歩いて来ることができて
                        良かったなあ。


                       次回は ぜひ
               モフモフと雪の積もった石段を歩きたい!



                 
               
                



















« 『 辺り一面 真っ白に 』 | トップページ | 『 12/18 金峰山~鎧ヶ峰 』 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 辺り一面 真っ白に 』 | トップページ | 『 12/18 金峰山~鎧ヶ峰 』 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ