« 『 木のうた  』 | トップページ | 『 木山由紀子 スプーン原画 プラス展  』 »

『 一目惚れ 』

                  地域の商店街を歩く機会があり、ある店の前に来た時、    
              店の入り口近くに張ってあった紙に目が留まった。

                 そこに書かれていた字に 一目惚れ!

P1100960_2


               字が 生きてる! 動いてる! スゴイ勢い!

                       …… (゚▽゚*) ……


       立ち止まって字を眺めていたら、ちょうどお店の方が出ていらしたので、
                   その書の作者を訊ねてみると… 

             「 それは、ウチの娘が書いたんですよ。
               ウチの娘は Т大学の芸術学部に入ったんですけど…
               『日展』にも出品したことがあるんです。 」

           

                         なるほど~!

           創業91年のこの店を守りながら続けているご両親のために、
                     娘さんが書いて贈った書。

                  娘さんの ご両親を想う気持ちが、
                         筆に伝わり…
                   この迫力ある書に表れたんだ…。


                         そういえば…
    「 素晴らしい書の作品は、顕微鏡で観ると、墨の粒子が動いているのが見える」
                     と、何かに書いてあった。

                 この店に貼られた書の墨の粒子も、
                          きっと、
             作者の想いや願いをのせて 動いているに違いない。

« 『 木のうた  』 | トップページ | 『 木山由紀子 スプーン原画 プラス展  』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 木のうた  』 | トップページ | 『 木山由紀子 スプーン原画 プラス展  』 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ