« 『 小雪がちらつく空港を1周 』 | トップページ | 『 12/25 庄内空港1周  』 »

『 映画 「君の名は。」 』

 

            「 私が この1年 見てきたものや感じてきたことが
                                       いっぱい いっぱい つまってる!!   」

                        …そう思った。


P1110382_3

              

              空。 流れゆく雲。 雲間から差し込む太陽の光。
                                    時間とともに移り変わる空の色。その影。
                       遠くまで山々が連なる景色。 
                     満天の星空。 流れ星。
                         草木。 葉。
           日常の時間と、それとは違う もう一つの大きな時間の流れ。
                    みんな つながっていること。
                          “結び”。

                       ホントに驚くほど、
                      たくさん…たくさん…。
          

                「 自分は大きな時間の流れの中にいる」
                   と 山を歩いて感じていたので、
             主人公2人が時間を越えて入れ替わるストーリーも
                         SFというより
               「もしかしたら そういうこともあるかもしれない」
                         ということとして、
                自然にすうっと自分の中で流れていった。

               

                  風景の描写がとてもリアルだったので、
                …私のこの1年を 映像でふり返っている…
               そんな感覚になりながら この映画を観ていた。
                       不思議な感覚だった。


            「 すごく幸せな時間を過ごすことができた1年だったなあ…」
                     なんて思いながら帰宅。

                     来年も、光あふれる景色の中を たくさん歩くことができますように。

 

« 『 小雪がちらつく空港を1周 』 | トップページ | 『 12/25 庄内空港1周  』 »

観る・聴く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 小雪がちらつく空港を1周 』 | トップページ | 『 12/25 庄内空港1周  』 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ